板橋・川口の美容室なら!8店舗展開 【COMグループ・OFFICIALコーポレートサイト】

ROGO

お電話のお問い合わせ
03-5924-1480

理美容師の資格について・・・

  • 2017年 2月 1日

真面目な話・・・

 

現在理容師免許と、美容師免許は、免許制度としては、船舶の免許と、自動車の免許みたいに違います。

つまり、自動車免許を持っていても、船の運転は出来ない。

 

でも内容は、フレンチの料理人もいれば、和食の料理人もいて、さらに創作料理人もいるのような感じです。

フレンチの職人が、和食を作っても、何ら問題なく、それはそれで人気だったりする。

 

つまり・・・

それぞれ、全く独立した免許でありながら、実態の境界線が消費者向けになっていない、曖昧になってしまっている免許制度です。

 

よく、顔そりは理容師しかできない・・・と言われていますが、「メイクに必要な」という前提条件があれば、美容師にも出来る事は、法規にも定められています。

しかし、美しくするためのシェービングサロンは、現在理容所登録が必要で、理容師の独占業務です。

 

まつ毛エクステは、2008年から、美容師の独占業務になりましたが、額の髪の毛を増やすのは、理容師、美容師共にできます。

 

コムグループは、美容室、理容室、理美容併設サロン、シェービングサロン、マツエクサロン。

理容師、美容師、エステティシャン、様々な人材とサロンを運営しています。

 

決して、制度を軽んじているわけではないのですが、人のキャリアや、雇用の問題を考える時に、非効率さと規制に、囚われを否めないのも正直なところです。

 

この度、理容師・美容師の養成のあり方について、以下のように今後の方向性が決まりました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syokuhin.html?tid=306917  厚労省のページに飛びます。

専門学校としては、早ければ30年度より施行するという事でした。

 

能力を活かすための資格制度なので、資格があったとしても、その能力を担保しているとは限りません。

 

ですから、有資格者ひとりひとりが自らの能力を伸ばすべく、常に自己研鑽が必要なのです。

 

専門学校の二年生は、そろそろ国家試験ですね。

一生懸命トライしている自分を大切に就職してください。

 

こんな店作っちゃいました。。。

 

 

 

異文化コミュニケーション

  • 2017年 1月 22日

さてどこでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、国旗が写っちゃってますねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェゲバラ、クラッシクカー、葉巻にラム酒

 

そうです。社会主義国家のキューバです。

たまには、プライベート旅行など・・・

 

キューバは、いまだにお米とか食料の配給があります。

配給ってわかりますか?国がくれるのです。

ですので、食べるのに困りません。

 

でも、国民の平均月収は2万円程度で、物価は1/3くらいですかねぇ

 

いずれにしても、貧しい国です。

 

なのに、明るい!

 

 

 

 

 

 

 

 

街角には、音楽が溢れてます。

 

インフラが遅れているので、夜の街は暗いのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治安は悪くありません。

人種差別もありません。

 

インターネットなどの通信環境は非常に遅れていて、コンビニは無く不便なのですが、

 

なにせ自由です。

 

そもそも、キューバはスペインの植民地で、昔奴隷貿易を行っていたという、暗い歴史があります。

原住民は、殲滅されてしまいました。

スペインから独立した後もアメリカの支配下にあり、そこで、カストロやチェゲバラが出てきて、アメリカに独占されていたキューバ資本を取り戻したという感じでしょうか。

言葉は、スペイン語です。

人種は、アフリカンから、ラテン系、白人もいます。東洋人はなかなか見当たりませんでした。

 

正直、日本にいると浮いてしまうような人々が、ここでは普通です。

それは、体形から始まって、習慣やペース、働くことに対してのスタンスなど、など。

 

でも、明るくて、自由に暮らしているんです。

 

日本人の価値観やルールなど、凌駕してしまうものがそこにありました。

 

あまり、若いときに行ってしまうと、腑抜けになってしまうかもしれません。

実際、観光客のほとんどが欧米のシルバー層でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、この旅行を通じて、学んだことは、「個人の価値観に陥らない強さ」です。

 

本当に逞しくタフな人生を送るには、己の価値観を持ちつつも、それに執着しない人間関係を許容できるか。

そばにいる人を、明るく楽しませる自分。

 

理屈を超えたコミュニケーションがそこにありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーネストヘミングウェイとダイキリ

謹賀新年

  • 2017年 1月 1日

kingashinen

明けまして、おめでとうございます!

 

今年の、私のキャッチコピーは

ひらめき!きらめき!ときめき!・・・そして今夜も眠れない!

というわけで、新年早々騒がしいコピーなのですが、皆さんはひらめくyjimage8CQ4S90Rのコピー

 

事ってないですか?

 

それで、そのひらめきに興奮しちゃって、夜眠れなくなるときないですか?

 

まさに、そんな感じです。

 

人間、課題と向き合った時の意思決定は三択です。

 

①解決しようとする。・・・思考し、行動する。

②解消しようとする。・・・課題を無くすか、自ら離れる。

③何もしない。

 

さて、この文章を読んでしまった、あなた!・・・の選択は、何番かな?

 

選択はケースバイケースなので、どれが正解かという事ではなく、これは・・・姿勢(スタンス)の問題です。

 

僕はトキメキの可能性が高い、①番を選択します!

 

そう、トキメキって、自ら創れるんだよね!

 

まるで・・・鶏の卵のよう・・・私、酉年・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツエク物語

  • 2016年 11月 27日

その彼女は、コムに4年間在籍しています。

ガイダンスなどでも、一生懸命サロンや先輩の話をしてくれて、おもいのあるスタッフです。

しかし、問題がありました。

 

 

手荒れです。

11-11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師のアシスタント時期は、少なからず手荒れには悩まされます。

 

手荒れの症状は、最近急に悪化してきました。

彼女はシャンプーによってではなく、カラーリングによって反応してしまいます。

でも、一生懸命な性格なので、がんばってきました。

 

スタイリスト直前で、彼女の結婚がきまります。

 

結婚といえば、指輪の交換です。。。

 

心が折れました。

 

美容師をあきらめよう。。。

 

彼女が今まで頑張ってこれた理由は、先輩後輩、お客様との関わりです。

 

なので、何とか関わりを持ちつつ、手荒れから解放できないだろうか。。。

 

そこで・・・

 

マツエクです。

img_20161126_183343

 

 

 

 

 

 

 

 

コムでは、マツエクを事業としては取り入れていませんでした。

 

でも、「仲間に勇気と希望」という、理念のもと、事業化を決定

 

人の縁もあって、彼女は、今毎日往復4時間をかけて、修業に行っています。

そもそも、彼女には根性がありますので、あとは、ゴールの明確化と集中化です。

 

11-16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五日後、赤みが引いています。

 

 

そして二週間後

11-26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女本来の白い肌が、蘇ってきました。

 

あと、二週間後にはサロンがOPENします。

img_20161126_184741-2

 

 

 

 

 

 

毛並みをそろえることと、密度バランスを整える事。

 

成果は、また追ってアップいたします。

 

 

理容師美容師は、髪を切れるようになることが多くの目標です。

国家試験でも、もちろんカットが含まれます。

確かに、カットを出来るようになって、トータルでお客様に触れられる技術者は強いです。

 

しかし、マツエクサロンや、シェービングサロンのように、髪を切らない理美容師がいかされる業態もあります。

それは、理美容師個人のパーソナリティーをいかすためにも、非常に有益です。

 

コムは、一人一人をいかすこと、いかしあえること。

そして何よりも、「いかされる自分創り」を、共に歩んでいける仲間でありたい。

 

そんな思いで、がんばってます。

 

 

 

 

 

 

チーム青森 けっぱってます。

  • 2016年 10月 21日

現在コムには5名の青森出身者が在籍しています。

来年は、既に2名が内定しているので、計7名のチーム青森になります。

青森は、本州の最北。

新幹線が出来たとはいえ、道のりは約700キロ

近くは無い距離。

気候も違えば、街並みも違う。

なれるのは、大変。

家族から離れて自律することを決意した人は、尊い存在です。

 

青森だけではなく、コムには沖縄、九州からも来ている。

ホント、尊敬します。

 

だから、想いを成し遂げるために、精いっぱいみんなで応援します。

 

けっぱれ!
※下の画像をクリックして詳細をPDFで閲覧頂けます。

hair_artist201608
※PDFファイルをご覧になるには ADOBE READER が必要です。
無い方はこちらからダウンロードできます。

 

 

 

期限とハードル

  • 2016年 8月 28日

またまた、国家資格に挑戦です。

 

キャリア受験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の資格は、キャリアコンサルタント(カウンセラー)という資格。

 

なぜこの資格を取ろうと思ったのか・・・の前に、それはそもそも本質的な私の性格に依拠しています。

 

もちろん、日々スタッフの成長が私のモチベーションになっているのですが、それは他人依存のモチベーションであります。

 

私の、自発的なモチベーションは自分が興味のあることに、期限とハードルを設けることで、最大限に高まります。

 

この「期限とハードル」

 

カウンセリングの実習をしていてわかったのですが、世の中の多くの人は、どうも苦手なようです。

 

この時点で、私はどうも「変態」らしい・・・

(今かよ!?)ってかんじですが。。。

 

9/29合格発表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには、サロンで

  • 2016年 8月 3日

久しぶりに、モデルになりました。

IMG_20160522_185521

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼しました。

彼女はスタイリストなので、モデルではありません。

会津から出てきて4年。うっうっうっ。。。(涙)頑張ってます。

 

でも、どうでしょうかねぇ・・・載せておいて言うのもなんですが、どうもこの白髪のオヤジ画像に違和感が、、、私のせいなのですが・・・

 

 

 

さらにもう一枚

IMG_2569-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはですねぇ、当グループのシェービングサロンで手の甲の毛を剃っているんですね。

 

普通は、女性専用サロンなのですが、さらなるレベルアップのために、特別に剛毛にトライです。

 

おかげさまで、吸い付く素肌に・・・

 

 

って、こうしてみると、何やらお気楽な経営者家業のようにみますか?

 

それはぁ・・・やった人にしかわからないなぁ・・・

 

ひとりひとりの成長が、私のモチベーションになってます。

 

ありがとう!

面接で伝えるべきこと

  • 2016年 7月 15日

こんにちは!

コムの遠藤です。

 

実は代表遠藤が、またまた国家試験にチャレンジします!

 

今回の資格は・・・キャリアコンサルタント(キャリアカウンセラー)です!

 

分かりやすい言葉で言うと

仕事と、生涯のライフスタイルを自らの意思により形成していくことを、支援、援助するカウンセラーの資格です。

(わかりずら!)

 

就職に対して、後悔しないポイントは二つです。

1・自己理解

2・仕事理解

 

自己理解とは、自分の事を、長所、短所含めて、客観的に理解している事です。

仕事理解とは、その仕事自体を理解することと共に、その仕事に必要な能力とは何か?を理解することです。

理美容業の場合は、仕事は決まっているので、ここは仕事理解というよりも、サロン理解と言った方が良いかもしれません。

この時点で、自分とサロンをひもづけします。

 

つまり、そのサロンで働くためには自分のどんな要素がマッチするかということです。

ここ、ポイントです。

そのサロンが、何を提供してくれるのかで就職先を選ぶと、半分は失敗します。

 

サロンを理解するときに大事なのは、福利厚生や教育カリキュラムが一番ではありません。

 

福利厚生や、教育カリキュラムは、提供されるものですし、明日にでも変える事が可能なことです。

 

 

変わりづらいものは・・・風土です。

 

社風とも言います。

 

風土の源泉はズバリ!社長(創業者)です。

 

なので、、、社長が気に入らなかったら、面接に行くのは辞めましょう。・・・言いすぎかな・・・

 

そんなわけで、国家資格を取ろうとしている受験生にしては、乱暴なアドバイスになりましたので、軽く流していただいて結構ですが、

 

我がグループの風土も含めて、新しい、COMニュースが出来ましたので、就活の一助にしてくださいませ。

 

サロン見学&説明会 大いに歓迎します!

 

03-5924-1480/求人担当まで

 

 

 

 

 

※下の画像をクリックして詳細をPDFで閲覧頂けます。

46

※PDFファイルをご覧になるには ADOBE READER が必要です。
無い方はこちらからダウンロードできます。

美容師になるのではなく、美容師を生きるということ

  • 2016年 5月 16日

人間一生勉強だ!

 

ということで、最近私(社長)は、こんな勉強をしています。

 

IMG_20160604_191424

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャリアコンサルタント・・・何とも聞きなれない名前ですねぇ

 

でも、これちゃんとした国家試験&国家資格です。

 

何をするかと言いますと・・・

 

簡単に言うと、みんなが笑顔で働けるように、働く本人を導くお仕事です。

 

人を導くには、まず人の話を聞くことから始めます。

 

そう、カウンセリングです。

 

そのカウンセラーについて、こんなページがありました。

IMG_20160604_191609

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しい文章ですねー

カウンセラーであるということは、

カウンセラーの資格を取ること、カウンセラーという仕事をすること、カウンセリングの技法や知識を身につけること・・・

ではなく、

カウンセラーという生き方を選ぶこと。

それにふさわしい自分に近づけていく決意である。

と書いてあります。

さらに、資格があれば、キャリアコンサルティングが出来るというものではなく、資格のために勉強をするというのは本末転倒である。

成長の原動力はクライアント(サロンであればお客様)の力になりたいという事の他には考えにくい。

とまで、書いてあります。

 

 

さて・・・専門学校の学生の皆さん、全国の美容師の皆さんはどのように、とらえたでしょうか。

カウンセラーというところを、「美容師」に置き換えて読んでみてください。

 

美容師であるというのは、美容師の資格を取る事、美容師の仕事をすること、美容の技法や知識を身につけることではなく、美容師という生き方を選ぶこと。

そして、美容師としてふさわしい自分に近づいていく決意である。

資格があれば、美容師の仕事が出来るというものではなく、資格のために勉強をするというのは本末転倒である。

美容師としての成長の原動力は、お客様の力になりたいという事の他には考えにくい。

 

私の知っている限り、生涯美容師として人気者でいる人は、生き方が美容師であり、美容師として日常を生きています。

 

日常の容姿や、所作。

あらゆるものに関する美に対しての考えかた。見かた。

人が喜ぶことで、自らも満たされる。人が喜ぶためには自らも努力、成長していく。

 

そういう人、だと思います。

 

美容師になるための教科書には、そのような項目はなく、試験にも出ません。

しかし、現実の美容業界で美容師として生きていくために本当に必要になってくるのは、こういう事ではないでしょうか。

どの会社の新人さんも、入社2カ月が経って、慣れてきたころですね。

新人さんも、デビューしたての人も、店長さんも、ベテランさんも、もちろん経営者としての私もそうですが、職業と生き方を再認識して、自分を磨いていきましょう!

 

そんな想いを、今日も熱く語ってます!

IMG_20160317_154828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想いの第一ボタンがはまった方・・・是非サロン見学、お待ちしております。

 

 

いよいよ、就活が始まりますね!

  • 2016年 4月 20日

あと一カ月余りで、今年も新入社員が入ってきます。

一人一人、何かしらの価値観や想いにシンパシーを感じて決まった8人です。

 

活躍を期待すると同時に、活躍できる人財に育てますよー!

 

そんな中、本題ですが、すでに2017年度の新卒生の就活が始まります。

 

先日も、某専門学校にて就活セミナーなるものを行ってまいりました。

 

ふと思ったのですが・・・もしかすると、、、今どきの学生(一般の大学生も含めて)さんは、就職(働く)に対してネガティブなんだろうか・・・

 

私の場合は、とにかく早く就職したくて、、、だったので、考えが及ばなかったのだけれども、もしかして・・・

 

 

 

 

というわけで、内容は学生さんの感想文から感じてください・・・

0004-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご理解ありがとうございます。

就活は、楽しんでやろうとする人ほど楽しめないという話をしました。

それは、楽しんでいる雰囲気が伝わると、早く内定が出るからです。

何でもそうですが、嫌な気持ちで物事を行っていると、永遠と続きます。

なぜなら・・・成果が出ないからです。

 

これ、マジです。

 

 

 

 

スキャン0005-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご理解ありがとうございます。

給与面でアルバイトと違うところは、税金や社会保険料が引かれるというところが違う点ですね。

昨今は、奨学金の返済や初めての一人暮らしなど、生活資金のやり繰りをちゃんと出来ないと、不本意なところでつらくなります。

是非、小遣い帳をつけてやり繰りを身に着けてくださいね!

 

 

 

 

 

 

スキャン0003-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご理解ありがとうございます。

佇んでいるだけでは、お給料はもらえないと思います。

ひと様に喜んでもらえることに喜びを感じ、物心ともに豊かになる。

それも、あなたの心がけ次第ですよ!

 

 

 

最後に、私の想う究極の就職成功哲学を一つ・・・

 

私の知っている限り、他人に好かれる人生を歩んでいる人で、不平不満を語っている人はいない。

私の知っている限り、他人に好かれる人生を歩んでいる人は、他人を好きになる人生を歩んでいる。

好かれるということは、相手の感情次第であるが、好きになることは自分の感情次第である。

故に、どこへ就職してもサロンや仲間を好きになろうとする人は、幸せになれる!

 

 

自分を探すための就職ではなくて、自分を創るための就職でありますように!

 

 

カテゴリー

カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

» 新着記事

» 月間アーカイブ

pagetop