板橋・川口の美容室なら!8店舗展開 【COMグループ・OFFICIALコーポレートサイト】

ROGO

お電話のお問い合わせ
03-5924-1480

COMグループ創業十数年の歩み

写真

story01

写真

創業して十数年。
板橋区を中心に美容室、理容室、ブライダルエステサロンなど、多店舗展開するコムグループ代表。
この肩書きだけを紹介すれば、どんな人物を想像するだろうか?
カミソリのように研ぎ澄まされた、凄腕の経営者?
人間性より、合理性を重視する、稀代のコストカッター?
残念ながら違う。(とわたしは思っている)
どちらかというと、「お人よし」。そんな両親のもとで少年時代を過ごした。だからownerも、「騙すくらいなら騙されたほうがいい」と、本気で思っている。

鈍直―。

そう、ownerはバカ正直な人間なのだ。
「信じられないと嘆くよりも、信じて傷ついたほうがまだいいかな。」
…言った後、自分でも「くさいセリフ」と、思ったのだろう。
少し耳が赤くなっていたownerだったが、目には強い信念が浮かび上がっていた。
そんなownerの人間性を表すのに、こんなエピソードがある。
辛さと泥臭さゆえに、志半ばで美容師を辞めていくスタッフ。
残念ながら、どの美容室でも起こりえる現実だ。
そんなスタッフにも、ownerは伝えたいメッセージがある。

「どんな人でも、軽んじられたり、見下されたり、さげすまされたり…。
そんなのは誰も望んでいません。だからこそ―。」

「その人が元来持っている価値観を、いかんなく発揮できる環境を見つけてほしい。
生きていく毎日の中で、働くことに意味を感じられる、素晴らしい人生を送ってほしい。」

ownerはたとえ辞めていくスタッフだとしても、その人間の可能性を信じるのだ。

性善説―。

それが彼の信念なのだろう。
もっとも、そうはっきり思えるようになったのは、ある大事件の後のこと。

story02

コムグループの歴史の中で起こった史実、ノンフィクションを紹介しよう。

3店舗までは、全てが順調だった。
企画やマーケティング、人材状況など、ラッキーが重なったからだ。
そして4店舗目で事件は起こる。

今までとは違い、立地や、人材状況に、一抹の不安はあった。
しかし、今までには無かったものもあった。
ある程度の運転資金。

不安を振り切って、出店を決意する。
ソフト(中身)よりもハードを重視した、初めての出店計画とも言える。
築いてきたものが崩れ落ちる瞬間。すぐそこまで忍び寄っていた。

オープン日を迎えた4店舗目。

地域の特性など事前調査の不足が響いたせいか、客の反応は鈍かった。
これからさ―。

1週間が過ぎた。鳴り物入りでオープンした店に、地元の人は様子見を決め込んだ。
まだまだ、これから―。

初月が終わった。売上げ目標を大きく下回った。これで…。大丈夫なのか…。

初めて経験する経営者としての失敗。当時のownerの心に、余裕はなかった。
働くスタッフへの風当たりは次第に増していく。スタッフもownerが店に現れると、「見えない壁」で心を覆う。
「オープン前はあれほど行くのが楽しみだったのに―。」
いつしか、もっとも足を運びたくないサロンになっていた。一人、また一人。徐々にスタッフは去っていった。
このまま、営業を続けるより、やめてしまったほうが…。そんな気持ちも、よぎりだした頃だった。
ほんの些細なきっかけから、ownerは大きく変わることになる。

story03

とある日の休日。
気分転換にでも…と、映画を見ることにしたowner
主人公である医者と、気難しい老人患者との、何気ないワンシーンだった。
「私は今、何本の指を上げている?」
老人が、医者に質問する。
「4本の指を上げています」
医者は見たままを答えた。
「話にならん、帰れ!」
老人は怒ってカウンセリングは終了。
こんなやり取りが、何回か続いていた。
とある日―。
「私は今、何本の指を上げている?」
いつもと同じだ。
老人が4本の指を上げているだけ。
医者は老人の指をみずに、老人の目をじっと見つめた。
すると―。
老人の目を見つめながらだと、焦点が合っていないせいで、うっすらと指がぼやけて見える。
そして、医者はおもむろに答えた。
「…8、8本です。8本に見えます…。」
頑固者の老人が、にっこりと微笑んだ瞬間だった―。

story04

ownerは気付いたのだ。
自分に足りなかったものを。
「僕が見ていたもの…。それは…。それは目で見えるものだけだった…。」

…。

スタッフを信じなくなっていた。
数字ばかりを見て、スタッフの心を見据えてのコミュニケーションをしなくなっていた。
本当に見なくてはいけないものが、見えなくなっていた…。
部屋の鏡に映っていたowner
変わり果てたowner自身の心を、ただただ正直に映し出していただけだった―。

story05

そのときを振り返り、ownerは静かに口を開き始めた。
「僕は人を信じる力が足りなかった…そう、痛感しました。
サロンがうまくいかない理由の大半は中身にあるわけで、
みんなの心がついてきていない状況の中、どれだけ改善案を
僕から話しても、解決の糸口にすら、ならないんだなって。」

インタビューを通じて、徐々に裸の自分を伝えてくれたowner
このストーリーに、着色はないと確信した。

なぜなら―。
失敗も成功も、ひと通り経験した者だけが持つ眼差しが、目の前にはあったから。

その後、新たな気持ちで、再生に取り組んだ。
見るべきものは数字ではなく、スタッフの未来―。
一人ひとりの想いをまっすぐに見据えたownerがいた。
そして、4店舗目は見事な復活劇を起こす。

epilogue

6店舗目の出店目前まで拡大したコムグループ。
しかし6店舗目は、4店舗目と同じ状況が予想できた。
「最初は苦しい。半年、いや1年間は大変な状態が続くだろう。
だからこそ、スタッフと自分の信頼関係がキーポイントになる。」

同じ誤りは繰り返さない―。
ownerは覚悟していた。

そして、いよいよ6店舗目をオープンさせる。
思ったとおり、経営状況は苦しかった。
しかし、ownerownerは最初から最後まで、スタッフを信じることをやめなかった。
元来の生まれ持った性善説を、どんな状況でも変わらない価値観として守り続けた。

そして―。
今では4店舗目、6店舗目ともに、コムグループ全体の売上げに大きく貢献している。

インタビューを終えて

写真

「人は、誰しも無限の可能性を秘めています。
でも、自身ではなかなか引き出すことが出来ない。
何故なら、秘めたるものを発揮するには、今までにない体験が必要だからです。
その体験する場を提供して、自ら可能性を引き出させることが、自分の使命だと感じています。自信がない人ほど、他人や世の中の愚痴を言います。
まず、自分自身を信じてください。」

believe oneself and believe a friends―。
com group owner ( & interview by Wish )

pagetop